読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相手を忌み嫌う前に そう愛するやりかたがいい

SMAP ジャニーズ 稲垣吾郎

1月13日から今日でちょうと10日目ですね。

私、数字を覚えるのは苦手ですが、

1月13日・1月14日という日付は忘れない気がします。

 

様々な報道がなされていますが、

メンバーからの言葉が聞けない以上、

私も今回の騒動について何か憶測で、

言及することは避けたいと思います。

 

どうやら事実なのが、

これからのSMAPのマネージメントは、

ジュリーさんがこれから担当する、ということ。

 

ファンとして勿論複雑な気持ちがありますが、

 

 

が私の考えです。

 

これだけの騒動になったのですから、

彼らは彼らが仮に希望したとしても、

少なくともしばらくの間は事務所を出ることは出来ない。

私たちファンは、

これからのSMAPをジュリーさんに託さなければならない。

 

慣れ親しんだ飯島さんマネージメントのSMAPをこれからも見たい

という気持ちはファンの中にはあると思います。

でも、SMAP5人を見たいというファンがこれから

最優先にしなければならないのは、

飯島さんを持ち上げてジュリーさんを下げることではなく、

現在のSMAPがこれからもSMAPという看板を掲げながら

5人で活動できるような環境作りだと思うのです。

 

ジュリーさんのことを私はほとんど知りませんが、

他のジャニーズのグループのファンの方の呟きで、

二宮くんが嵐としての活動を最優先にしたいという気持ちを尊重したこと

渋谷くんが芝居より歌の活動を最優先にしたいという気持ちを尊重したこと

を知りました。

 

Jr.時代から見ている彼らに対してのように、

というのは難しいと思いますが、

ジュリーさんにはSMAPに対して愛を持って、

マネージメントしていただきたい。

私はそう思います。

 

もし、自分がジュリーさんの立場だったらと考えると、

それはとてもとても難しいことだと思います。

今までのことを細かく知らないグループを

マネージメントすることは単純にとても難しいですし、

様々なことがあったと推測されるため、

心理的にも難しいと思います。

 

 

仮に、私が、

SMAPやその他のグループに関して、マネージメントの権限を持っていて、

SMAPのことが嫌いで、他のグループのことが大好きだとしましょう。

 

私はSMAPの人気を落とすために、色々なことが出来ちゃいます。

 

 

SMAPに来た、ドラマ・映画・舞台・CMなど

 ありとあらゆるオファーをSMAPではなく他のグループに回す

 

SMAPに関する写真や映像等の使用料を吊り上げて、

 メディアがSMAP関連の資料を使いにくいようにする

 

SMAPに素晴らしいオファーあっても、

 事務所の仕事を最優先させて、そのオファーは断る

 

・他のグループとの兼ね合いといった理由をつけて、

 SMAPには仕事をさせない

 

・全員勢揃いという名目でやるイベントに、

 SMAPだけは絶対に参加させない

 

SMAP関連では許可しないことを、

 他グループ関連では許可する

 

SMAPには他のグループが没にした楽曲しか歌わせない

 

SMAPにはSMAPの歌はなるべく歌わせない

 

SMAPのメンバーをおとす記事を書かせる

 

SMAPというものが元々存在しなかったかのような記事を書かせる

 

 

素人でもこれだけのことは思いつくわけです。

こんなことは絶対にして欲しくない。

SMAPのためにも、各メンバーのためにも。

それなら、SMAPを愛してもらう外ない。

 

 

SMAPファンがジュリーさんのことをよく知らないように、

ジュリーさんだってSMAPのことをよく知らないのです。

 

よく知らないのだったら、

『華麗なる逆襲』で吾郎が歌っているように、

「相手を忌み嫌う前に そう愛するやりかたがいい」

そういう精神でいきたいです。

愛する気持ちまで持てなくても、応援はしたい。

それがSMAPに悪いように働くことは

決してないと思うので。

 

具体的に何が出来るのか。

それはこれから随時考えていきたいと思いますが、

とりあえずはファミクラに

「これから宜しくお願いします」

というハガキを書きたいと思います。

4人が公共の電波で頭を下げたのだから、

私だってそのくらいのことは全然出来ます。

 

 

私は、たとえ飯島さんマネージメントじゃなくても、

私はSMAP5人での活動を見続けたいと思います。

そこだけを見失わずに、

これからもSMAPをファンとして応援していきたいと思います。